【あなたはごまかされてはいないか】光回線の回線速度を測定すると、サイトの違いとか計る時間帯によってばらつきがあり、スピードに極端な差が出ることがよくある。こんな疑問をネットのQAサイトに問い合わせてみると、いろいろな回答が返ってくる。例えば<レジストリをいじってみる> <パソコンの性能が悪い> <平均はこれ位だからこれで普通> <LANが遅い> <正確な測定を計るにはここへ連絡> などなどである。はっきり言えばこれらの答えはすべてが正しくないと言っても過言ではないのだが、要はネットに溢れている苦情や疑問に対して、これまで光回線業者がいい加減なことを言ってごまかし続けてきたのである。

【スピードテストは? 誤解されている】スピードテストで出た結果は回線速度を表すのではない。これは特別なサーバーとの通信速度を表しているのであり、末端の回線能力である回線速度とは違うのである。光の回線能力は、ADSLのような電気信号の減衰はほとんどなく、ほぼ広告通りと思ってよい。したがっていちいちスピードテストをする必要などないのである。<プロバイダーの質による違い>光のような高速回線を用意しても、プロバイダーによっては、数メガ以下の通信速度でも遅くなり、体感的には大きな差を感じる。

もしそれが感じられなくても、遅れには何らかの影響が出ているので、プロバイダー系の一般測定サイトでは、業者の測定サイトと違って良い結果は出ないことが多い。<回線業者は普段の通信速度を説明しない>「速い速い」と回線業者が言っているのは、あくまで末端の回線能力の事なのである。以前は光でも10Mのコースがあったのだが、宣伝競争を続けているうちに、1Gまで出てしまった。こうなると、スピードテストサーバーの設置を大阪や名古屋など数地点増やしたぐらいでは、遅延の影響で良い結果を出せず、ごまかしが効かなくなる。それで1Gの業者は全国の主だった箇所にそのサーバーを分散して設置するのであるまいか。

フレッツwi-fiが繋がらないケースは、いったんすべての機器の電源をリセットしていちから接続し直してみるといいと思います。

そうしても接続ができない時には、初期設定を丁寧に見直してみます。

顧客サービスに電話してみれば理解できるように教えてくれますが、電話があまり繋がらないのが悩みです。

超お手ごろな料金でスマホが昨年から注目されていますが、有名通信3社以外にも通信ブランドでワイモバイルが存在します。

お手頃価格な様ですが、どの地域があるのか、問題なく使えるかといった頼りなくもあり、契約時には重視していなかったという印象です。

プロバイダを変更してキャンペーンに申し込んでいたので、キャッシュバックがありました。

新しいプロバイダの回線のスピードも早く、サクサクとした動作でストレスなく動いてくれるので、不便に感じることは特になく、乗り換えという選択肢は正解だったなと思っているのです。

お得な特典がついている期間だったら、プロバイダの変更を検討するのもいい結果になるかもしれません。

私の住居はもうちょっとでwimaxのエリナ内というところです。

wimaxは外出先でも使うことが可能だし、動画を試写するのにも問題なく操作できる速度なので、可能であればお願いしたいのです。

転居する予定はないため、今後、エリアが拡大してくれることを心から願っています。

wimaxには数多くのプロバイダがあり、されらの中には初期費用が完全無料のもの、更に端末代金が完全無料のプロバイダがいくつもあります。

回線自体プロバイダによる速度に差がないので、出費を極力抑えたい方はできるだけリーズナブルなプロバイダを選択するとベストかもしれません。

次回のネット環境として、ワイモバイルを候補としています。

せっかくなら手ごろな方がいいので、どういったキャンペーンが行われているのか確認しました。

ざっと目を通したところ、よそから乗り換える形でキャッシュバックというシステムがありました。

適用条件などを確認して、慎重に検討したいと思います。

光回線にはセット割が設定されているケースが結構あります。

セット割というのは、携帯回線と光回線の二つを同じ時に契約するといったもので割引のサービスをしてもらえるといったものです。

この分野では、この先キャリア大手による競争の激化が見越されております。

wimaxの回線は、出かけている時でも使えるのはいいのですが、固定回線と比較すると、速度が遅いです。

動画サイトなどにアクセスすると、スムーズに再生できなかったり、カクカク表示になったりすることも、たびたびあります。

都心部以外は対応外のエリアもよくあります。

使う前に、使用する場所の確認が重要となります。

新しい家にこしてきた時に、マンション自体に光回線が入っていなかったので、申し込みののち工事をおこなわなけれないけませんでした。

工事のスタッフさんはとても清潔にしていて、説明もきちんとしていて会社への評価も高くなりました。

プロバイダの速さに関してですが、多くの方はインターネットを使用しての閲覧、データのダウンロードをしたりで主に使っていると思うので、どちらかと言えば下り速度の方が重要じゃないかと思うのです。

ネット上でのHP閲覧程度であれば、そこまでの速いスピードじゃなくても問題なく使っていくことが出来ます。

早いといわれている光回線が安定しない理由の一つをあげると、光回線は、隣近所の住宅やマンションの中などで回線を分かち合っているため、使う量が多い人がいるところでは遅くなってしまう場合があります。

例えば週末だったり夜だったり決まった時間帯に特に遅くなり、定まらない場合はこのわけかもしれません。

引っ越す場合や速さを問題などでインターネットの回線を変更する場合や新規で回線を申し込む場合は、キャンペーンをやっている時に申し込むとお得だと思います。

よく耳にするフレッツもキャンペーンを沢山やっていますので、しょっちゅうチェックして調べておくといいでしょう。

wimaxのデータ通信であるなら速度の制限がないため仕事でPCを使う方でも不安なく利用可能だと思われます。

パソコンで通信する場合には、スマーホフォンなどのモバイル端末に対して、ページ容量も多くたちまち通信量が上がってしまうので、通信制限がないのは助かります。

どこの光回線にしたらいいのかわからない時には、おすすめサイトを参照すると良いでしょう。

色々な光回線を扱っている会社を比較してくれているので、その中から自分の条件にあったものを採択すれば良いと思います。

お得なキャンペーンのおしらせも発見できるでしょう。

wimaxのキャンペーンはたいへんお得なものが多数です。

私が契約した場面では、ネット上のサイトから契約すると、特典を受けられるタイプの内容でした。

実際にその特典を受け取れるのは、契約した時から1年後だったのですが、キャッシュバック金額が高かったので、良かったです。

わざわざ契約するのならお得に感じられる方が良いですよね。

関連ページ